2010年07月24日

いよいよコンテスト前日!

昨日、金曜日はスピーチコンテストの準備のため一日学校はお休みでした。私たち教職員は当日の資料を準備したり、最終打ち合わせをしたり、ばたばたとすごしていました。

chokuzen2.JPG chokuzen3.JPG

そして、学生たちもいよいよ本番間近ということで、それぞれの発表者が最後の練習に来ました。スピーチの発表だけでなく、今回は司会進行やその他運営スタッフとして学生たちは大活躍します。

お天気もまずまずのようですね。笑顔いっぱいのコンテストになるように、みんなで力をあわせましょう。

葉山さん登場!

講座修了生であり、元職員である葉山さんが中国杭州から一時帰国のご挨拶に来てくださいました。

お元気そうで何よりです。杭州には当センターの講座修了生が何人かいらっしゃいます。時々、皆さんで集まって楽しい会を開いているということです。お仲間は良いものですね。

一時帰国中のお忙しい中来てくださって、とても元気そうな笑顔を見ることができてうれしかったです。中国も日本と同じように暑いそうですので、体には十分気をつけてますますがんばっていただきたいと思います。

DSCF8428.jpg

しかし、そんな葉山さんに開口一番、「焼けました?」と言われ、ショックの私です。海にも山にも行っていないのに…車での移動焼けか、はたまた「パソコン焼け」でしょう。とほほ。

これからもどんどん修了生の活躍を皆様にお伝えしますね。
posted by パンダ屋 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月21日

ご質問をいただきました(嬉)!

昨日、私の要領を得ない(笑)ブログの記事に関して、友人から問い合わせが来ました。民族舞踊についてです。

うーん、私もまだはっきりわかりません。

タイとインドネシアの民族舞踊があることは確実です!そういえば、インドネシアは「サマン」という踊りで、今回は16人が踊ってくれるそうです。なんと!その16人のうち、私たちの学校の学生は「1人」です。

静岡のインドネシア留学生の会のメンバーに呼びかけをしたところ、15名の学生さんがこたえてくれたそうです。16名ですからかなりの迫力と見ごたえがありそうですね。照明担当も気合が入りますね。

一方、タイの舞踊は一人です。昨年度もタイ舞踊を披露してくれましたが、今回は一人で出場します。今、練習中とのことですので、私たちも当日まで楽しみにしています。

ところで、肝心の暗誦・スピーチですが、仕上がり具合はどうでしょうか。学生に聞いてみても皆、にこにこ笑うばかりでどうなることやら…。

あと4日でコンテストを迎えます。お天気が良いといいですね。(←天気のことばかり言っている私です)明日は最終打ち合わせに教職員全員で出かけます。

いつも、みなさま、応援やあたたかいメッセージありがとうございます!暑さに負けずがんばりましょう!エイエイオー。

2010年07月20日

スピーチコンテストまであと5日…

みなさま、連休はいかがお過ごしでしたか。

連休も終わり、いよいよスピーチコンテストまであと5日となりました。いやいや、準備がまだ追いついていないような、あ、それは私だけかもしれません(涙)

ReXg?T.JPG

学生の原稿は出揃って着々と準備も進んでいるようですし、準備期間が短かったにもかかわらず、敏腕事務Dさんはすでに当日の配布資料も「できました!」とのことです。おー、すばらしいですね。

今回は「学生ボランティア」が大活躍する予定です。これまで私たち教職員がしていた当日の運営の仕事のほとんどを学生がします。「初めての試み」が満載です。

学生も来てくださった方もそして教職員もみんなで楽しめる会になればと思っています。ここで当日、学生によるアトラクション(発表)の一部をご紹介します。

まずは、学校の和太鼓クラブ「友遊」の演奏ですね。今回は4月に入学したばかりの新入生が多いそうですが、これまでみんなで練習をしてきた曲を演奏します。

それから、マイケルジャクソンや浜崎あゆみといった押しも押されぬ世界的トップスター(になりきった学生!)が登場します。楽しみですね。民族舞踊や音楽もあるようです。

まだアトラクションの全貌は私にもわかりません(笑)ので、また後日お知らせします。

私はこれまでひそかに「会場が満席になること」を祈っていたのですが、ひそかに祈っているだけは満席にならないことに気がつき、今日から会う人、会う人に猛烈?にコンテストをPRしています。

お天気になりますように、たくさんのお客様がいらっしゃいますように、学生たちが満足のいく発表ができますように……お祈りが多すぎて神様もあきれるくらいです。がんばります。

2010年07月17日

おしゃべり!クラブ 本日も晴天なり

本当に良いお天気になりましたね。暑いですが、じめじめした感じもなく、肌につきささるような太陽の光で身も心も元気になりそうです!

本日のおしゃべり!クラブも無事終了しました。

今日は参加を予定されていたゲストが少なく、どうなることかと心配でした。私たち教員でもよさそうですが、学生はきっと「休みの日ぐらい『先生』ではない方とおしゃべりしたい」と思っているでしょう(笑)

どうしようかな、と思っていたところへ…颯爽と飯田さんが登場!とてもうれしかったです。

学生たちも喜んでおしゃべり!クラブがスタートしました。

QuOP.JPG QuOQ.JPG

今日は学生(ベトナム1、モンゴル1、中国3)5名、ゲスト4名が楽しくお話しました。どんなお話をしたのでしょうか…いつもは授業中、あまり発表をしない学生も楽しくお話ができていたようです。

8月は夏休みのためお休みです。次回は9月。

詳しくは「おしゃべり!クラブ」http://sjec.jp/info/index.html(←ここをクリック!)のご案内をご覧ください。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。
posted by パンダ屋 at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月16日

おいしいお水−天城深層水−

学生寮大家さんの山田さんからお中元でおいしい水「天城深層水」を5ケースも!いただきました。

毎年、毎年ありがとうございます。

V[w.JPG

少し前にテレビでもこのお水のことを放送していたんですよ。特に沸かしてコーヒーにして飲むと「とろん」とした感じになるそうです。わざわざ遠くから車を走らせて、お水をくみに行く方も多いとか。みなさんもぜひ、お試しください。

毎日、学生たちもおいしく飲んでいます。好評です!

梅雨ももうすぐで明けそうですね。これから暑い夏がやってきます。お水を飲んで、元気に楽しい夏をすごしましょう!
posted by パンダ屋 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月15日

遅ればせながら七夕の話題

7月7日から私の時間は止まったようです…とほほ。

遅ればせながら七夕の話題…

学校で七夕をしました。今年は葵区某所より某氏のご協力を得て、学校に高さ3m近い笹を飾りました。「飾った」というよりあまりに巨大で「設置した」という感じでしたが…。もう少し早く入手していれば、この巨大な笹にたくさんの短冊を飾れたのですが、写真の通り、短冊は一部に密集しています。

[P.JPG

その前の週に、望月先生もご自宅から笹を持ってきてくださいました。

[Q.JPG [R.JPG [S.JPG [T.JPG

毎年、笹を片付けるときに学生の願いごとを見ていますが、本当にかわいらしいと思います。少しスリムになって、すてきな人に会えて、千葉大学に合格して、のんびりしてほしいですね(笑)
posted by パンダ屋 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月13日

7月生入学式!

先日、2010年度7月生の入学式を行いました。私たちの学校には1年に4回入学式があります。4月、7月、10月、1月ですが、今回は3名の学生が入学しました。

blogp.JPG

中国の学生2名、バングラデシュの学生1名です。(バングラデシュの学生はビザの手続きの関係で、まだ来日していません。)

3名の学生が吹きこむ新しい風、とても楽しみです。学校に早く馴染んで、たくさんの友だちをつくってほしいと思います。月曜日から勉強がスタートしました!
posted by パンダ屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月12日

いのちをつなぐコンサート@サールナートホール

以前にHPでもご紹介いたしましたが、「いのちをつなぐコンサート」が昨日、静岡サールナートホールで行われました。

今回は残念ながら、来日許可が下りずメインゲストであるカレン族のみなさんはいらっしゃることができませんでした。カレンハープやすてきな歌声を楽しみにしていらっしゃった方も多かったのでとても残念です。メインゲストであるカレンのみなさんがが来られない、ということで一時はコンサートの「中止」も検討されたようです。

しかし、このようなすてきな活動にはやはりあたたかいお気持ちの方々がたくさんいらっしゃるのだなあと思いました。共演を予定していた方々の「コンサート開きましょう」の声と、支援者みなさまの力添えでコンサートが実現したそうです。

来日を果たせなかったみなさんやカレン族の生活を紹介するDVDに続き、NHKや数々のCMでご活躍のおおたか静流さんたちの心に染み渡る演奏が行われ、すてきなコンサートプログラムとなりました。

「感動…」などということばではおさまりきらない気持ちに、私は音楽を聴いている間ずっと、拭いても拭いてもぽろぽろ涙があふれてきます。あたたかい心を持った、あたたかい歌声や演奏に、子どもにもどったような気持ちになりました。

このコンサートを支えたみなさんや来日を果たせなかったバンドのみなさんのこと思うと、歌声や演奏がよりいっそう力を増して心に響いてきました。力づよく、そして透き通った演奏に「いさぎよさ」を感じました。コンサートを終えて会場を出るみなさんも、本当に笑顔でいっぱいでした。

すてきな時間をありがとうございました!
posted by パンダ屋 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月07日

「24時間営業のコンビニは必要?不必要?」

(本日ブログは中級クラス担当の山下先生のレポートです)

中級レベルのクラスの「会話」の授業で、こんなテーマについて学生同士で意見を出し合って発表するという授業がありました。

はじめに教師が、コンビニと呼ばれる店がどのように発展してきたかといったことを説明したり、コンビニに関するデータを紹介したりしたあと、学生たちが自分の意見とその理由を小さい紙に書いていきます。「必要」はピンクの紙に、「不必要」は水色の紙に、それぞれ1枚に1つの理由を書きます。

そのあとで、学生たちは2つのグループに分かれ、各自が紙に書いた「必要」「不必要」のそれぞれの理由を整理し、模造紙に貼り付けていきます。そして最終的に、グループとしての意見をまとめます。最後に、各グループのリーダーが、グループでまとまった意見を発表します。

blog1.JPG blog2.JPG

ふだん、おとなしくてあまりしゃべらなかった学生が、日本語でいっしょうけんめい自分の意見を主張したり、実際にコンビニでアルバイトをしている学生がその仕事の内容をリアルに再現して説明したりと、ふだんはなかなか見られない学生たちの素顔も見られました。

blog3.JPG blog4.JPG blog5.JPG

はじめはグループでのディスカッションにとまどっていた学生たちも、次第にうちとけて、活発に議論するようになり、教師が「そろそろ終わりにして発表に移りましょう」と言ってもなかなか終わらないほど話がはずんでいました。

学生同士がお互いに日本語で自由に会話をする機会というのが、あるように見えて実は意外に少ないのだと感じた次第です。これからも、「会話」の授業の中で、このような機会をちょくちょく設けていく必要があるなと思いました。

…(以下、pandaya)山下先生、ありがとうございます!今日の授業で「聞く楽しさ」「話す楽しさ」「考える楽しさ」を学生たちは感じたのではないでしょうか。明日からもみんなでがんばりましょう!
posted by パンダ屋 at 20:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記