2010年11月13日

コラボ!

「コラボ」「フューチャリング」「コンピレーション」…昨日とある音楽番組を見ていたのですが、あらためてカタカナことばの多さに驚きました。私が小さい頃(←ものすごく昔のことのようですが)は何と言っていたのでしょう。そういうものはあったと思うのですが、こんなことばは私の古い記憶にはありません(涙)私は学生の名前以外の「カタカナ語」があまり覚えられないので、そのうち、テレビを見ても???になることでしょうね。困りました…。

さて、最近の私たちのセンターは大原トラベルホテルブライダル専門学校さんと「コラボレーション」(訳:合作、共同研究)をしています。以前に交流会のお誘いがあり、それ以来、いろいろとお世話になっています。この秋には「バス旅行(11月27日実施予定)」を企画され、私たちの学生を招待してくだいました。

学生さんたちがこちらに来られ、予備調査(アンケート・インタビュー)が行われました。その結果をふまえ、各グループが企画されたツアーの発表を行い、私たちの学生がそれに投票し、内容が決定しました。

2010-10-5大原トラベルホテル専門学校アンケート調査(P3クラスにて) 002.jpg

はじめはお互いにかなり緊張した様子で、大変だったようですが、そのうち打ち解けてきました。募集人数20名のところに予想を上回る数の学生が参加を希望し、円満に?抽選をして参加者を決定しました。日本人学生、留学生、互いに刺激し合い、とてもすてきな交流ができています。

来週17日にはツアー参加者を対象に「事前説明会」が開かれます。こちらの学生の希望を多く取り入れた形のツアーを計画してくださっていますので、学生たちも楽しみにしています。あとは、お天気ですね。こればかりはなんともなりませんが、良い旅行になるように祈っています。

また、旅行が終わりましたら、ブログでご報告します。お楽しみに
posted by パンダ屋 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月12日

おめでとうございます!

以前、こちらのセンターに研修教師として来日し、その後静岡県立大学大学院に進学されたラージカ先生(スリランカ)が大学のスピーチコンテストで優勝し、その報告に来てくださいました。昔から伝わるスリランカの伝統的な治療方法を使い、人々を癒すための施設を作りたい、ぜひ日本の方もスリランカに来てほしい、という内容のスピーチをされたそうです。

ラージカ先生には私たちのセンターの審査員をお願いしていることもあり、ステージの上で堂々と日本語でお話される姿をよく見ているので、きっとコンテストの時も聴衆をひきつけるすばらしいスピーチをされたのではないかと思います。

おめでとうございます!!
DSCF0006.JPG

そして、ちょうど今、センターではモンゴルからの研修の先生をお迎えしていますので、お二人揃って写真を撮りました。なんと!偶然同じ誕生日だということもわかり、話もはずんでいたようです。

モンゴルからお迎えしているのは、アリウンツェツェグ先生です。私たちはアリウナ先生と呼んでいます。モンゴルからの学生が3名在籍していますので、学生の生活・学習支援、日―モンゴル語の翻訳通訳などを担当していただいています。一緒に机を並べてお仕事するのは本当に勉強になります。モンゴルのことをいろいろ伺ったり、日本のことを説明したり、そんな小さなことの積み重ねが「理解」につながるのだと思います。

ちょうど今日、読解のクラスで「人はつい、こうでなければならないという枠にとらわれる…物事を判断する物差しが、ただ1本だけになり、それ以外の価値観を受けつけなくなります。人として、仕事人として、これは心して避けなければなりません。世の中には自分が知らないことのほうが圧倒的に多いのですから…」という文章を読みました。本当にそうだな、と思いました。

もちろん、「だから何でも自由でいい」ということにはなりませんが、それでも「自分はどう考えるか、どうしたいか」ということと同じくらい「相手はどう考えているか、どうしたいか」を大切に考えられる、そんな人間になりたいなと思います。モンゴル、スリランカ、そして日本人である私が今日、ここでこうして一緒にお話をして交流ができる、そのことをとてもうれしく幸せに感じました。

DSCF0007.JPG

今日、お二人とお話をしながら、そんなことを考えました。
posted by パンダ屋 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月08日

ありがとうございました@感謝会

6日(土)に学校で支援者の皆さまに集まっていただき感謝会を開きました。この日はとても良いお天気で、すてきな一日となりました。

毎回大好評のベトナムの生春巻き、そして今回はミャンマーからはココナッツラーメンが登場しました。ゆで麺に甘いスープをかけて食べるラーメンでなかなか好評だったようです。5〜6時間煮込んで作ったスープです。きっと暑いミャンマーではより一層、おいしさが引き立つでしょうね。

多くの方々が学生を、そして学校を支えてくださっていることに感謝の気持ちを忘れず、今日からまたがんばっていきたいと思います。

2年生はあと4ヶ月弱の学校生活となりました。感謝会ではゆっくりと保証人の皆さまとお話ができたのではないかと思います。いろいろ思い悩むことの多い毎日だとは思いますが、こうして「話す」そして「聞く」ことで、心の中の整理もできてまた新しい気持ちで進んでいけるのではないでしょうか。

皆さまのご協力に心より感謝いたします。ありがとうございました。

kanshakai2.JPG kanshakai1.JPG kanshakai3.JPG
posted by パンダ屋 at 16:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月05日

秋の交通安全教室

少々前のお話ですが…

10月期生が入学しました。中央警察署交通安全指導員の皆さまのご協力の下、恒例の交通安全教室を開催しました。当日はあいにくの雨だったようです。しかし、雨の日に事故がおきないとは限りませんし、むしろ雨で視界が悪くなるほど事故も起こりやすくなります。

交通事故、安全についてのビデオを見てお話を聞いた後、学校のまわりを自転車で走る実地訓練も行いました。雨だったので雨合羽を着て自転車に乗りました。

今回はなにやら「交通安全」というたすきも掛けているようですね。自分を守り、相手にけがをさせない安全な登下校を心がけてほしいものです。

ご協力ありがとうございました。kotsuanzen1.JPG kotsuanzen2.JPG kotsuanzen3.JPG kotsuanzen4.JPG
posted by パンダ屋 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月25日

12月11日の公開講演会、よろしくおねがいいたします!

最近、ブログの更新を怠り、いつもチェックしてくださる方から「お元気ですか、出張ですか、今はどちらですか。」というメールをいただいてしまいました。10月の中旬にミャンマーを訪問した以外は出張ではありませんでした。すみません。そしてありがとうございます。

さて、私は今、12月11日の創立20周年の記念講演会のことが体と心の大部分を占めています(笑)朝な夕なにいろいろな方にお電話をしてご案内しています。HPにも案内とお申込みフォームを載せていますので、よろしくお願いいたします。http://sjec.jp/info/index.html ←ここをclick

また、「会社やお店にポスターを掲示してもいいよ!」という方や「知り合いにチラシを配ってもいいよ!」という方、「掲示できる場所があるよ!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひお知らせください。

講演会のタイトルは講師の佐々木倫子先生が付けてくださいました。私はこの「地域を育てる…」という部分がとても好きです。教育というのは、教師が学生を成長させるだけでなく、教師自身も能力的にも精神的んも育っていくものとよく言われますが、それだけでなく「地域」そして「社会」も成長させるような力となりうる日本語教育……と考えるととても勇気がわいてきます。また、多くの方々に日本語教育の魅力(おもしろさも大変さも、そしてやりがいも)を知っていただきたい、そんな気持ちでいます。

講演会のことを書き始めるととても長くなりそうですので、今日はこのあたりで。よろしくお願いいたします。
posted by パンダ屋 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月07日

お知らせです!講座修了生、OB・OGの皆さまへ

「お便りコーナー」を作りました。

「日本語教師養成講座修了生の皆さま」ということでHPのトップページ左下あたりのバナーをクリックすると、近況報告などを書き込んでいただけるページを増設しました。ページはこんな感じです。

http://sjec.jp/training/sform/sformmail.php(←ここをクリック)

日本語のお仕事をされている方もそうでない方も、ぜひぜひ様子をお知らせください。また、センターOB・OG教職員の皆さまもぜひ近況をお寄せください。

皆さまからのお便りを楽しみにしております。いつかたくさん集まって「同窓会」を開けたらいいですね。
posted by パンダ屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月06日

師走?

今週は10月にして12月の師走を感じさせるような雰囲気の一週間です。マンガにすると、通った後ろを風がぐるぐる巻いている、そんな感じです。そんなときこそ、落ち着いて笑顔でがんばっていきたいものですね。

先週までの秋休みから一転、後期明けの一週間、そして10月9日に入学式を控えた学生たちが続々来日してくるそんな一週間です。とても初々しい新入生を先輩達もがんばってサポートしてくれています。

静岡の必須アイテム、自転車。先輩たちは自転車や日用生活品の買い物に連れて行ってくれたり、町の中のあちこちを案内してくれているようです。「何か新入生のために手伝いましょうか」と声をかけてくれるのはとてもうれしく頼もしい限りです。そんな先輩達に「いつもありがとうね」と声をかける私自身もうれしくなります。

そんな和やかな環境で何を焦っているのかというと…単純に私自身がいろいろな〆切りに追われていて周りを巻き込んでしまっているからだと思います(涙)すみません。

話は変わりますが、今日は東名高速道路の集中工事で、午前中の仕事に出かける時にどっぷり渋滞にはまる時間がありました。初めは「渋滞にはまっているのを楽しむ」そんな心の余裕がなかったのですが、某ゲゲゲの番組(←タイトル何でしたっけ?)の主題歌を初めて全部聞いて涙が出てきました。その歌が終わるころにはさーっと渋滞が解消して、渋滞が夢(←危ない!)のようでした。

渋滞にはまったから聞けた歌だなと思い、元気が出てきました。気持ちをリセットして今週もがんばります。

9日の入学式に新入生に会えるのがとても楽しみです。
posted by パンダ屋 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月02日

アジア言語フェスティバル@あざれあ

今日はまずまずのお天気でしたね。

姉妹団体NPO SALA主催のアジア言語フェスティバルがあざれあで開かれました。静岡日本語教育センターの学生たち(卒業生も!)が大活躍です。

中国琵琶の演奏や各国の簡単なことばが学べるプチ講座、そして留学生と日本の方との楽しいおしゃべりもありました。ベトナムのお茶やお菓子などもあり、土曜日の午後を楽しみました。

biwa.JPG lp[.JPG ?.JPG ^iJ.JPG

私が一番うれしかったのは、普段は別々のクラスで会話もしたことがない学生たちが一緒にことばを練習したり、互いの国を紹介するパネルの前で楽しそうにおしゃべりをしていたことでした。

学校や行事ではなんとなく見かけたことはあるけれど話したことはない…そんな学生同士が一つのイベントをきっかけに日本語でお話する、それはそれはうれしいことです。

日本に留学して、日本語を勉強することはもちろんですが、いろいろな国の人と知り合ってその国のことばがちょこっと話せる、文化や習慣もちょこっと知っている、この「ちょこっと」がいいんですよね。「ちょこっと」が一つの小さな花になり、次々にいろいろなところで花が咲いていく、すてきなことですよね。

すてきな土曜日を過ごしました。さーて、来週からは後期の授業が始まります。学生たちが勉強したことをすっかり忘れて、新しい日本語の文法やことばを作りだして使い始める前に(笑)、勉強をスタートしましょう。

学生のみなさーん。来週は休みではありませんよ。学校でまた会いましょう!
posted by パンダ屋 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月20日

雨inホーチミン

ホーチミンは今、雨です。1時間ほど前から雷も鳴り始め空が暗くなってきていました。しばしホテルで休憩です。

DSCF9753.JPG

この数日、涼しい日々をすごしました。昨日は飛行機でダラットへ行ってきました。ここは少々肌寒いぐらいでした。標高も高く、湿度は低く、別荘地としては最高の場所ですね。仕事で出かけたのですが、ホーチミンの喧騒からしばし離れて自然も楽しむことができました。

今晩、日本へ帰ります。9月末への追い込み。がんばります。

ベトナムを初めて訪れたのは10年以上も前です。

今回の旅では日本の方、ベトナムの方、いろいろな方にお目にかかり、ベトナムの歴史、文化、人々など、たくさん教えていただきました。今回のベトナムは、そうですね、「学び」のベトナムです。

雨がずいぶん激しくなってきました。活動再開はいつのことになるでしょう。休憩も大切な時間です。雨音を楽しみながら次なる活動に備えましょう。エイエイオー。
posted by パンダ屋 at 18:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月18日

2010日本語教育セミナー 無事終了

今年は静岡県内5ヶ所の公民館等で「2010日本語教育セミナー」を開催しました。

「日本語教育セミナー」という名前は少々、講師の私たちが壇上でびしばし説明をするような大きな感じはしますが、会場予約に行った際に少し内容を説明した後で某会館の受付の方が「名称は『日本語教育セミナー』でいいですか」といわれ、まだ正式名称はきまっていなかったのですが、空気の流れで「はい」と答え、イベント名が決まりました(笑)

実際には「セミナー」というよりコンパクトな勉強会です。地域の日本語教室で教師(支援者)として活躍されている方々を対象に開催しました。

最終回は磐田のワークピアで開催しました。「工芸実習室」という部屋だけあって、陶芸のかおりただよう部屋で2時間行いました。磐田、そうです。ジュビロ磐田の磐田です。

市が開催しているものだけでも4、5ヶ所の日本語教室があり、そのほか、地域の方有志で立ち上げた教室もあるとのこと、なかなか日本語教育が活発な地域です。

DSCF9679.JPGDSCF9676.JPG

日本語学習者の国籍、年齢も様々です。「レベルが異なる複数の方を対象に日本語を教えるにはどうしたらいいですか」「学習者の誤用を毎回訂正しているのですが、なかなか覚えてくれません」「日本語能力試験を受ける予定ですが、何か良い方法がありますか」「学校の国語の時間に『感想文』を書くように宿題が出されたそうですが、戦争や平和がテーマのものなので、難しいようです。どのように指導したらいいですか」などいろいろな質問をいただきました。

第一部の語彙の使い分けについては川口先生が担当し、私は第二部の「なんでも質問コーナー」担当でしたので、どんな質問をいただくかどきどきしていましたが、参加されたみなさんが積極的にお話に加わってくださるので、私自身も大変勉強になりました。

また、次回のセミナーを企画して、地域で日本語教育に携わっているたくさんのかたがたとお会いしてお話をしてみたいと思います。みなさまご協力ありがとうございました!
posted by パンダ屋 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記