2010年06月28日

ネパール・ケムさんのドールハウス

今日は学生の寮に行きました。

ネパールの学生寮の玄関上に何やら不思議な草の束がおいてあります。何かのおまじない?と思っていました。節分の日にいわしの頭を玄関にさしておくように。しかし、学生寮とその草の束はどうも、マッチしません。

I先生が「ケムさん、あれ、捨ててもいい?」というと、ケムさんは「あれは、ドールハウスの屋根を作るためです」と答えました。I先生は「あ、そうですか。わかりました。」…そばで聞いていた私はどうにも「わかりません!」あまりに普通の二人の会話に笑いが止まりませんでした。

その後も、家具を作るとか壁がどうとか、ネパールで作っていたものは持ってこられなかったとか、二人で会話をしているのですが、おかしくてたまりません。

100628_1029.jpg 

(ちょっと写真が暗くてすみません。ネパール/ケムさん/男性/2010年4月入学)

そのうち、ケムさんはうちの中からドールハウスを持ってきてくれました。ケムさんはどうやら趣味が多く、毎日忙しくくらしているようです。そのドールハウスも7月のスピーチコンテストまでにはできると思う、というのでぜひ、受付に飾りたいと思います。完成が楽しみですね。

自分で楽しめる趣味がある、というのはいいことですね。これといった趣味がない私はよくまわりの人に「趣味を持て」といわれます。多趣味なケムさんに弟子入りしましょうか。はて…
posted by パンダ屋 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月27日

教師の休日 第2弾

今日、ご紹介するのは川口由紀子先生の「教師の休日」です。

伊豆をぐるり、秘湯「観音温泉」のお湯を楽しまれたようです。

osN.JPG 

oF.JPG 河津バガテル公園のバラ

.JPG

c`.JPG 下田あじさい


すてきな写真をお届けしました。旅の詳細は川口先生まで。

下田のあじさい、今日のような雨の中ではより一層幻想的でしょうね。みなさんもぜひ、一度、お出かけください。
posted by パンダ屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月26日

おしゃべり!クラブ はじまりはじまり…

昨年10月にスタートをして、ご好評をいただいておりました「おしゃべり!クラブ」。2010年度もいよいよ始まりました。

「おしゃべり!クラブ」はどんなことをするんですか?というご質問をよく受けますが、まさに「おしゃべり」です。「誰と一緒にお話するんですか?」、はい、そのときその場にいた方です。

実は、第1回目、スタートする前は、テーマや内容を決めておしゃべりしてもらおうかなといろいろ計画をしていたのですが、いざ始まってみると、そんな計画や進行役などいらないほどに、みなさん楽しく「おしゃべり」をしています。

oshabari1.JPG

もちろん、日本語がまだあまり話せない学生もいますが、それでも予定の1時間半、途中で帰ってしまう人もなく楽しく過ごしています。

本日は、一般の方(日本の方)2名、学生12名の参加がありました。「バランスがちょっと良くないなあ…」という心配もありましたが、それぞれグループを作ってにぎやかに、私の心配を吹き飛ばしてくれました。普段は違うクラスで勉強している学生同士もおしゃべりを楽しんでいます。

学生は7月のスピーチコンテストのPRもちゃんとしていましたよ。「私、スピーチに出ますから、絶対来てくださいね」と一言そえるなど、さすがです。

……あら?予選の結果の発表はまだじゃないの?いつ「私」が出るって決まったの?……

私の不安はつきませんが(笑)、みなさまのご協力により今年も「おしゃべり!クラブ」無事開店です!!
posted by パンダ屋 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月25日

クランクアップ! スピーチコンテスト練習の巻D

本日でクラス内予選が終了しました。おつかれさまでしたー!

いやいや、いろいろなテーマがありました。本日は最終日ということもあり、4クラスの予選が行われました。

DSCF8423.jpg

「たばこのこと」「外国で勉強するということ」「私は女の子です!」などなど楽しめました。「ワールドカップ」というスピーチもあり、原稿作成段階では「日本は予選で敗退する、スペインが優勝する」という文章があったようですが、今朝のニュースを見て早速文章を書き換えて来たのが面白かったです。

各クラスで審査に加わっている先生方からもコメントがありました。

DSCF0035.JPG

「大切なことば、キーワードとなることばの発音の練習をしっかりしましょう」「具体的なエピソードを入れると聞く人の心をつかみます」「表現することの楽しさ、喜びを感じて、思っていることや考えていることをまわりの人たちに伝えてみましょう」など、あたたかいコメントが寄せられました。

さてさて、この後はいよいよ本選に出る学生の選考が始まります。今年はどんな顔ぶれになるでしょう。7月はじめに発表されます。

お楽しみに。

ブログを見てスピーチコンテストを応援してくださっているみなさま、ありがとうございます!!

2010年06月24日

スピーチコンテスト練習の巻C

今日はとても涼しいですね。昨日の暑さから一転、風がそよそよととても気持ち良い一日です。

はい、さて、本日はA2クラスのクラス内予選に行きました。A2というのは、午前中の中上級レベルのクラスです。「自由スピーチの部」に出場します。自分の書いた作文を数回、先生に添削してもらい、それを発表します。

完全に暗記して予選を迎えた学生もいますし、「まだ全部書けていないので、書けたところまで発表します…」などという驚きの学生もいますが、自分たちの関心のあるテーマを選んで楽しく発表しました。

DSCF0002.JPG(ウリナさん/中国)

DSCF0006.JPG(チャンティチャンさん/べトナム)

DSCF0003.JPG(ジェムさん/フィリピン)

クラス内予選の際には、聞いている学生たちにも課題があります。それぞれの発表についてコメントする、というものです。「○○さんの○○が良かった」とか「もっと○○したほうが良いです」などコメントを書きます。

1つの発表が2〜3分ですから、発表を聞きながらコメントする、という作業はなかなか難しいですよ。そして、良い発表に投票します。

「どんな発表が良いと思うか」「聞いている人に期待すること」など話し合ってみるのも良いですね。

明日の授業でしてみましょ。

2010年06月23日

割れたお盆

先日、学校のお盆が割れました。

~.JPG

真っ二つに割れたお盆を修理しようと思ったのですが(笑)、瞬間接着剤がなく断念。

しかし思いなおして、「このままにしておこう」と。きっと「教材」として使えるはずです。こんないい割れ方をしたお盆はこのままの形で何かの役に立ちそうです。

お盆一つで授業も楽しくなりますね。「割る」と「割れる」、「どうしたんですか/〜んです」、「〜てしまいました」…などなど。いろいろできそうです。先生たちで「何ができるかな」なんて言いながら考えるのが楽しいですね。(←少々マニアックな気もしますが)

以前、大学生のころ、ある先生がおっしゃいました。「マッチ1本で授業ができるようになればすばらしい」と。そのくらい観察力、授業力、展開の力を磨きなさいということですが。

いよいよ、それを試すときが来ました!!かな?そんなこと、そして先生のことばなどを割れたお盆を見ながら考えていました。

来るべき時に備えて、棚においてあります。
posted by パンダ屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月22日

スピーチコンテスト練習の巻B

はい。いよいよ7月に行われるスピーチコンテストのクラス内予選が始まりました。

トップバッターはA4クラスです。A4クラスというのは、今年の4月に入学したばかりの学生のクラスで、今は初級レベルの日本語を勉強しています。

DSCF0005.JPG

DSCF0010.JPG

コンテストでは「暗誦の部」に出場する予定で、「静岡と魚」という課題文をこの1ヶ月練習しました。

さてさて…完璧に覚えて今日を迎えた学生、一方で課題文のプリントと睨めっこしながら発表した学生、様々でした。ジェスチャーも入れながら発表する予定だったようですが、その余裕はなく、みんな慎重に、慎重に発表していました。

DSCF0007.JPG

今週は全てのクラスで予選が行われます。「話すこと」「聞いてもらうこと」「聞くこと」の楽しさを少しでも感じられたら良いと思います。

スピーチコンテストのポスターもHPにありますので、お友達、ご家族を誘ってぜひ遊びに来てください。よろしくお願いします!

2010温湿度計!

3月の模様替えの時か、はたまたそれ以前にか、学校にあった温度計が壊れてしまいました。

「暑い暑い」また「寒い寒い」と言いながら、一体今、どのくらいの温度か、湿度かわからないまますごしておりましたが、本日、今年の温湿度計が登場しました。

18度〜25度までが「快適温度」、それ以上がいきなり「食中毒注意」というレッドゾーンです。また、10%から40%までが「風邪注意」、40%〜65%までが「快適湿度」、その後80%以上が、またまた「食中毒注意」のレッドゾーンです。

今日はそれほど暑くなく、風もあったので快適な環境でした。こちらではエアコンよりも扇風機をよく使っているのですが、扇風機の力は偉大ですね。温度はそれほど変わりませんが、湿度がぐっと下がります。

xv.JPG
↑左、丸いのが温湿度計、横は扇子で風をおこす荒井先生です。

よく「エアコンと扇風機を併用して」などと言いますが、学校では「扇風機と扇子」がよく使われています。

日本語教師は「声」が命。のどを健康に保つためにもエアコンの効きすぎる部屋は危険です。十分な水分補給と自然の風と適度なエアコンで今年の夏も乗り切りましょう!

エイエイオー!
posted by パンダ屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月21日

祝!父の日

昨日は父の日でしたね。

P.JPG

朝一番の授業を終えて戻ってきた山下先生。「父の日にプレゼントをもらっちゃった」だそうです。ベトナムの学生からの父の日の贈り物です。とってもうれしそうです。さしずめ「日本の父」ということでしょうか。

私は学生から「母の日」にはまだ何ももらったことがありませんが、数年後には…と考えるとちょっと複雑な心境です(笑)

そんな山下先生の話題、第2弾。今週末にコンサートに出演予定です。
  「ファミリーコンサート」
  日時:6月27日(日)
     13:30〜 楽器作り(←え?何でしょう)
     14:00〜 開演
  場所:長田生涯学習センター

t@~[RT[g.JPG

「あなたの街の吹奏楽団、静岡市民バンドコンセールリベルテ」がコンサートを開きます。山下先生はこの伝統ある楽団の一員です。ご家族、小さい子どもさんから大人までみんなで楽しむ会とのとですので、お時間がある方、ぜひ、参加してみてください。

 「途中入退場OK」
 「ベビーカー、車椅子OK」
 「未就園児大歓迎」
 「照明は落としません」

とチラシにも書いてあるぐらいですので、誰でも楽しめそうですね。日曜日、お天気がいいといいですね。

山下先生、顔が同じ……当然ですね(笑)

posted by パンダ屋 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月15日

スピーチコンテスト練習の巻A

はい、いよいよ、クラス内予選が近づいてまいりました。

DSCF9368.JPG

7月25日(日)スピーチコンテストの当日発表する人を決めます。クラスの代表ですね。教師ももちろん審査しますが、学生も一緒に審査します。クラスメートの発表を聞いてコメントを書いたり、点数をつけたりするのも、日本語の練習です。

点数もさることながら、「コメント」がなかなかおもしろいんですよ。今年はどんなコメントが寄せられるでしょうか。楽しみです。学生たちが選ぶ一番のスピーチと教師が選ぶものとが、同じだったり違ったり、それはそれで興味深いものです。

普段接している先生だけでなく、授業を担当していないクラスにも先生方は応援にかけつけます。いろいろな人に聞いてもらうことは自信にもなります。良い「緊張感」の中で、クラス内予選が行われるといいと思います。

もうすぐポスターもできあがります。HPにも掲載します。みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

2010年06月14日

宇都宮への旅…

先日、仕事で宇都宮に行きました。

宇都宮駅で発見したものを2つ。

DSCF9365.JPG

やはり…「餃子」ですね。私のタイ・チェンマイ大学時代の友人であり恩人でもあるA.Mさんの出身地ということで、これまで何度も宇都宮の餃子のお話は聞いていましたが、これほどまでに餃子があふれているとは思いませんでした。

次は「レモンジュース」です。

DSCF9366.JPG

何だか本当にはやっているようで、駅の売店はここ、そこ、あそこに「黄色」が目立っていました。テレビでも紹介されたとのことですが…帰りに買ってみました。そうですね、味は…いちごミルクキャンディーをレモンにした感じです(←そのまますぎてわからない、と言われました)。

餃子もゆっくり食べたかったのですが、本日は先を急ぐ旅だったため、食べていません。かわりに?「餃子せんべい」なるものをみんなにおみやげに買って帰りました。「にんにく・にら」が入っているせいか、せんべいなのににおいがしていました。においに気付かれないように…私は箱を抱えて帰りました。箱の外までにおいがします(涙)

おそるべし「宇都宮餃子」でした。今度こそ餃子!
posted by パンダ屋 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月09日

専門学校訪問!

本日は、大原トラベルホテルブライダル専門学校の皆様のご招待で、交流会に参加してきました。こちらからは学生13名と参加しました。

引率の池田先生の報告と写真で本日のブログをお送りします。

専門学校の学生さんたちによる鎌倉旅行についてスライドを交えた紹介、その後、4グループに分かれてのおしゃべりのひとときを楽しみました。青春18切符、静岡の観光地などについてお話したそうです。

2010.6.9K 002.jpg

今日参加したメンバー全員、この4月に入学した学生です。おそらく教師以外の日本人と長くお話するのははじめてだったのではないでしょうか。

2010.6.9K 003.jpg

必死で話そうとして、でも言いたいことが伝えられず、疲れきった様子の学生がいる一方、いつもの調子で間違っていてもどんどんお話する学生…

2010.6.9K 004.jpg

今度会ったときには少しでもたくさん、話せたらいいですね。最後はちゃんとお互いに連絡先の交換をしたそうです。静岡で日本の友達ができた、なんてうれしいことですね。

大原トラベルホテルブライダル専門学校の皆様、ありがとうございました!
posted by パンダ屋 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月08日

スピーチコンテスト練習の巻@

日本語スピーチコンテストを7月25日(日)13:30〜「あざれあ 6Fホール」にて行います。これから少しずつ、各クラスでの練習の様子をお伝えしていきます。

本日お邪魔したのは、P4クラスです。午後の初級クラスです。学生たちはこの4月に入学したばかりの1年生です。初級クラスの学生たちは「暗誦の部」に出場します。

暗誦課題文は、静岡日本語教育センターオリジナル作品です。今年は「静岡と魚」です。自分たちが住む場所を友達に、そして覚えた日本語で紹介できたらうれしいですよね。そんなことを想像しながら、毎年「静岡」をテーマに教員みんなで作品を作っています。

さてさて、前置きはこのぐらいに。



今日は最終段落の練習だったようです。気合が入っていますよね。学生たちに聞いたところ、ほとんど暗誦できる状態だそうです。教科書には出てこないことばでも、私たちの生活の中で大切なことばがたくさん出てきます。「黒はんぺん」「鰹節」「焼津」…

DSCF0004.JPG

この後、クラス内予選があります。そこで選ばれた4〜5名の学生がコンテストで発表する予定です。

DSCF0009.JPG

コンテストまではまだ少し時間がありますので、この後、それぞれの学生たちが「自分の色」を出しながら、練習を重ねていくのではないでしょうか。聞いてくれる誰かをイメージしながら練習すると、すてきな発表になると思います。とても楽しみです。

応援よろしくお願いします!

2010年06月05日

さわやかな季節になりました…茶道教室@紅葉山庭園

本日は土曜日。日本語学校の授業はお休みですが、学生たちは日本の茶道を体験しています。

DSC04596.JPG

望月宗智先生を講師に迎え、静岡市の駿府公園内にある「紅葉山庭園」で茶道教室を開きました。望月先生は当センターの日本事情のクラスを担当されています。

DSC04588.JPG

紅葉山庭園http://www.sunpu-park.jp/は本格的な日本庭園で、四季折々の草木、お花が楽しめるすてきな公園です。本日の茶道教室は、その一角にあるお茶室で行われました。

本格的なお茶室に少々緊張気味の学生たち。望月先生の「どうぞ楽にしてください…」というおことばに、それでも正座をがんばる学生、あぐらをかいてしまった学生…いろいろです。正座がいちばん大変だったようです。

DSC04559.JPG

本日のお菓子は6月の紫陽花をイメージしてつくられたものでした。学生たちは紫陽花を目でも楽しめたでしょうか?

DSC04583.JPG

本当に紫陽花のすてきな季節になりましたね。今日の紫陽花の「お菓子」は終わってしまいましたが、公園、道端にきれいに咲いている紫陽花を見ると、きっと今日の茶道教室のことを思い出すのではないでしょうか。

出来事は一瞬で終わるかもしれませんが、その思い出やそのときの空気をまた別の場所や出来事で、思い出し、感じられるというのは、本当にすてきなことだと思います。

いろいろな先生方のご協力のもと、今日の茶道体験も楽しく終えることができました。学生がどんなことを感じたのか、聞いてみたいですね。あ、学生たちの国にも、また日本とは違う茶道の文化もあるかもしれませんね。いつか聞いてみたいですね。

本日の茶道教室、みなさま、ご協力ありがとうございました!
posted by パンダ屋 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月01日

「ケアする人のケア」を学ぶ会2010 −静岡県ボランティア協会−

イベントのご紹介です。

「『ケアする人のケアを学ぶ会2010』」が開催されます。

DSCF8342.jpg

(パンフレットより)…高齢や障がいのある人、病気の人の世話を担っている人、子育てや人間関係で悩みを抱えている人へのケアを社会全体のテーマとして考え、支えある社会を創っていくためのアイディアや実践を学ぶ機会として実施します(一部抜粋)…

制度、設備がどれだけ充実してきても、それらの隙間を埋めていくのはやはり「人」ですね。その「人」を支えていくのも、また「人」です。だれかの手助けとなる「自分」がいて、まただれかに手助けしてもらう「自分」がいる、ことばでは簡単ですが、なかなか自分が当事者になった時にはそれを意識することも、実現することも難しいものです。

「支えあう社会」について考える機会になる講座ではないかと思います。

詳細は、「静岡県ボランティア協会」http://www.chabashira.co.jp/~evolnt/054-255-7357 までお問い合わせください。よろしくお願いいたします。


posted by パンダ屋 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記